鍵の存在

カギとチェーン

現在、多くの種類の鍵が存在しています。玄関に取り付けるものに限定したとしてもシリンダー式やレバータンブラー式など無数に存在しています。 鍵の値段の相場ですが、一般的な鍵であるシリンダー式の場合、新しいものに交換するとして1万円程度かかります。少し高価なディンプルキー式のものでは15000円から2万円程度になってしまいます。そして、合鍵を作る場合では安い場合で400円程度高くとも1000前後には収まります。しかし、最新式の電子チップが入ったものを複製しようとした場合では7000円以上はかかってしまいます。ちなみに鍵をなくしてしまった時などで鍵を開ける場合の値段としては安くて2100円高いと6000円ほどかかります。

現在の一般的なシリンダー式のキーはピッキングで簡単に開くものはありません。なので、鍵をかけておくだけでもかなりの防犯効果を得ることができるのです。そして、さらなる防犯効果を得るための簡単な方法としては鍵の数を増やすことが挙げられます。これは、泥棒がピッキングなどで玄関のドアを開けようとした場合に10分以上かかるようならば侵入をあきらめるという統計結果から考えられたものです。つまり、鍵の数が増えれば開けるときに手間がかかってしまうので見た目により侵入をあきらめさせるのです。 ほかの防犯能力の高い方法としてはピッキングすることが難しいディンプルキー式のものに交換したり電子チップの入っているものに交換するなどの方法があります。