痛みがあるものでも
赤い着物

着物といえば服全般のことを指していますが、日本では主に和服のことを指しています。
右と左の布を合わせて帯で結ぶものを指しており、丈はくるぶしまでの長さであることがほとんどです。
昭和初期までは非常に頻繁に着用されていたものの、現代では着用する人も少なくなっており、その数も減少傾向にあります。
買取に関しても以前より顧客を中心としており、現在のトレンドは“出張買取り”のように、業者が自宅などへ出向いて買い取りを行うというものです。
また、着物に関しても以前は振り袖やブランド性のある紬などが人気を博しており、買い取りに関してもこうしたものが高い値段を付けられる傾向にあったのですが、最近は訪問着等通常の着物であっても高額買い取りの対象となる事があります。
古い着物自体が少なくなっているということもあり、状態が良ければハイブランドでなくても、帯と合わせて10000円程度で買い取ってもらえるというケースも有ります。
以前はそれほど注目されていなかった小物に関しても買い取りを行うというのが現代のトレンドです。
その理由は現代では着物をそのまま着る以外にも、子供用に仕立て直したり、ワンピースや小物などといった別のものにリメイクするという傾向があるからです。
そのため、着物の形を成していなかったり、傷みがある帯であっても買い取りを行ってもらえるという傾向にあるのです。
着物のトレンドは買い取り幅が広くなったというところにあります。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031